抗生物質のニキビケアはどう?

皮膚科に行くと肌に直接塗ってニキビの原因となるアクネ菌を殺菌するクリームや、ニキビの炎症を抑えることができるクリームなどを処方してもらえることが多いようです。
ニキビケアのための内用薬にはホルモンバランスをコントロールしてニキビの原因になる皮脂分泌を抑える働きのある薬もあれば、ニキビに働きかけてニキビの炎症を抑えたりニキビが出来にくい肌質を作るような抗生物質が処方される事も多いようです。
ニキビケアの際に処方されることが多い抗生物質には、ニューロキシン系やリンコマイシン系が一般的なようです。
抗生物質は塗り薬として処方されることもあります。