このところ、重曹がニキビケアに有効だと注目が集まっています。

弱アルカリ性の重曹には油分を分解する性質があるため、重曹を混ぜた洗顔料で洗顔すれば、毛穴の汚れや角質の除去ができ、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。

研磨作用が働く重曹での洗顔は肌を傷つける場合もあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。

ところで、肌荒れとニキビが係わっていることも多分にあるます。

ニキビはホルモンが乱れることが原因で、主に思春期にで発生しやすいです。

とは言え、思春期をすぎても発生することがあり、その時には大人ニキビとか吹き出物と呼称されています。

この大人ニキビの起こりの一つが肌荒れですから、スキンケアや生活習慣には考慮が必要です。

ニキビを潰して治す方法とは、やってもいいのでしょうか。

実は、ニキビには潰して治しても良いものと潰してしまう事で悪化する二つのにきびがあります。

潰してしまっても跡が残らないニキビというのは、炎症を起こしていたニキビがある程度おさまり、うっすらと白い膿が見えるようなニキビです。

今の状態のようにある程度落ち着いたものであれば、溜まってしまった膿を何とか肌から出そうとしているので、ニキビ専用の針と器具を使って潰すのであれば、気になる方は潰しても大きな傷にはなりません。

ニキビが出来る主な原因は、アクネ菌だといわれています。

雑菌が入りやすいタオルやメイク用のスポンジなどを2人もしくは3人で使いまわすのは絶対に辞めて下さい。

他にも誰かの手や皮膚に触れてしまったときに、洗剤やハンドソープも使わずそのままの状態でいると、他の人のニキビやアクネ菌がうつってしまう可能性がとても高いことが調査で分ったのです。

それ以外にも自分のニキビに直に触れた手で、知らないうちに顎や頬にその手が触ってしまうと、触った箇所にニキビが発生しやすくなるのです。

様々な原因からニキビが悪化してしまうと、赤く脹らみ中に芯があるような固さになり、何もせずにそのままの手で触るととても痛いのです。

鼻や頬などよく分るところにニキビが発生してしまうと、触らない方が良いと知っていながら確かめたい私がいて、触ってしまうという方が殆どだと思います。

けれども触ってしまうと見えない雑菌が付着してしまい、症状が長引いてしまう可能性が十分にあるので、正しいケアの仕方を勉強し専用のクリームを塗るなどして、常に清潔な肌でいられるように工夫していきましょう。

この時期、ニキビ予防において大切なのは、菌の温床にならない環境を用意することです。

ファンデーションのパフに汚れが付きっぱなし、枕をしばらく洗っていない、手で肌に触る等は、お顔に菌を塗っているようなものです。

普段から清潔を保てるように注意を払いましょう。

たった一つでもニキビが出来ると悩んでしまうものです。

ことさら、ニキビが大量に出来る時期というのは心も身体も大きく成長していく思春期にあたるため、それほど神経質にならなくても大丈夫と言われても気になって、イライラしてしまう方もかなり多いはずです。

出来ればにきびが出来る前に予防できると良いのですが、一つの方法として医薬品を使うという方法もあります。

とにかく何とかしたい方、お近くのドラッグストアに行って今の状況を薬剤師の方に相談してみましょう、今の肌に合ったものを薦めてくれるので安心です。

ひどいニキビができた場合は、石鹸を用いてピーリングを行うようにしています。

初めてピーリングを行ってみた時には、肌に少しヒリヒリした感覚がありました。

そのため、なんだか怖くなってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そんなヒリヒリした感覚がなくなって、ニキビがキレイに改善されました。

それ以降、ニキビができてしまうとピーリングを行っています。

知っての通り、ニキビは女性だけでなく男性も誰もが一度は悩む対処するのが難しい問題です。

多少なりともニキビが出来ない肌をつくるために、テレビで紹介された方法を試すなど工夫している方も多いです。

沢山ある方法の中でもニキビに良いとされるのが、ぬるま湯だけで顔を洗うというシンプルなものです。

どうしても目立ちやすいおでこや鼻にニキビが出来てしまうと、居ても立ってもいられず何度も顔を洗ったり、薬用の洗顔フォームなどを使ってみたりするのですが、反対に肌への負担が大きくなってしまうのです。

白く痛々しいニキビが出てくると、爪で中身を押し出してしまいます。

ニキビの中から白い中身がピュッと出てくるのがとっても大好きです。

ただ、五回に一回はつぶしても失敗して根っこが残り、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビ跡が肌についてしまうのです。

ニキビ跡を見ると、無理にニキビをつぶしてしまった自分を反省するのですが、またニキビが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなってまた中身を出すべくにきびをつぶしてしまっているのです。

関連ページ