水冷ラジエーターって何?

ラジエーターとは熱交換器の一種で、熱を逃がすための装置です。

別名、放熱器とも呼ばれています。

バイクや自動車、クーラーなど幅広い用途で活用されていますが、パソコンにおいても重要なパーツとなっています。

パソコン性能の向上とともに熱処理が大きな問題となっています。

たとえばCPUなどは、かつてその上で目玉焼きが焼ける、などといわれるほどの高温になっていました。

パソコン内に熱がたまれば故障や動作が止まってしまう原因となります。

それを防ぐためにもラジエーターが必要となるのです。

パソコンの熱処理に水冷式を導入した際に特に重要となります。

パソコンの放熱用通風孔が空いている部分にラジエーターを設置し、放熱を行うことになるのです。

従来の空冷のファンに比べより効率よく熱処理ができること、騒音の問題が少なくすむなどさまざまなメリットを得ることができます。

ただし、水冷ポンプやラジエーターを冷却するためのファンの騒音が目立つ場合もあるのでその辺は注意する必要があります。

最近では水冷システムに合わせた水冷ラジエーターも登場しています。

水冷ラジエーターの場合、先ほどの騒音の問題もあるため、できるだけ大きなものが求められます。

最近ではパソコンケースの上に装着し、最大限の静音を実現した水冷ラジエーターも登場しています。

熱と騒音という、パソコンの重要なテーマを解消してくれる、非常に優れたパーツが水冷ラジエーターなのです。

パソコン環境を変えようと思っている人は、水冷システムとともに導入してみてはいかがでしょうか。